-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-31 00:32 | カテゴリ:スポーツ
サッカー日本代表

30日、大分ビッグアイで行われた「日本対エクアドル」の試合は、
後半40分、途中出場の佐藤寿選手サントス選手から矢のようなクロスに
合わせて1点を先取。この点を最後まで守りきり、日本が勝ちました。

しかしながら、欠点ともなっているディフェンス(特にボールを奪ってからの処理、クリアー)、FWの決定力については、あまり進歩が見られないように感じました。

まずDFからですが、宮本選手あぶなかったですね~。
パスミスで相手にボールが渡ったときはどうなるかと思いました。
また、エクアドルの選手がDF2名を残してゾーンのように上がってきていたので、ゴール前で混戦になるのは分かるのですが、なかなか日本の選手にボールが落ち着かず、ハラハラした場面も多かったように思えます。

攻撃面では玉田選手のドリブルとサントス選手のセンタリング、そして小笠原選手の諦めないガッツが光っていました。もう少し右サイドからの攻撃が見たかったのですが、相手(4番の選手)も押し気味だったので、まあ、しょうがないところでしょうか。

しっかしながら、ジーコ監督は相変わらず選手を替えませんね~。6人交代枠があるのだから、もっといろいろな選手を試して欲しかったです。FWも2人一度に替えるのではなく、玉田と佐藤のコンビ、久保と巻のコンビとか、ずらしてもらえたらよかったのになぁ~とは思いました。

海外組を含め、そろそろ日本代表メンバーを決める時が来たようですが、佐藤選手のガッツ溢れるプレーはジーコ監督の心をつかんだようにも思えます。

W杯まであとちょっと。がんばれサッカー日本代表。



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/89-3379e6ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。