-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-24 14:55 | カテゴリ:映画&DVD
北斗の拳

「おまえはもう死んでいる」のセリフ、一度は聞いたことありませんか?
そう、20年ほど前に週刊少年ジャンプで連載され、TVアニメにもなった
「北斗の拳」がパワーアップして映画になりました。
しかも、ケンシロウの声は「トリック」でおなじみの阿部寛さん。ん~渋い。
最大にして最強の敵、ラオウの声は宇梶さんがやっております。

さて、今回のタイトルは
「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」
聖帝サウザーの話をベースに新キャラ「猛将レイナ」を加え、
どのようなストーリー展開になるのか楽しみです。

漫画でもこのサウザーの話はけっこう好きでして、
子供達を奴隷に扱うサウザーに対し、盲目のシュウが抵抗。しかし、シュウはサウザーを倒すことができず、子供達を人質にとられ、聖帝十字陵の頂点に置かれる十字の石碑を運ぶことになる。
この場にケンシロウが駆けつけるが、一歩遅く、ケンシロウに未来を託してシュウは石碑の下へと押しつぶされて死んでしまう…。

今回の映画作品のテーマの一つである『子供達の未来を守るための闘い』が
シュウ、ケンシロウを通してジンジン伝わる物語だと思います。
いざ、劇場へ!!!!
※なんか先着20万名にラオウのフィギアがもらえるらしい。
詳しくはオフィシャルホームページ
http://www.hokuto-no-ken.jp/まで。
【ジャンル】:映画 【テーマ】:アニメ
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/80-b2c4c474
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。