-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-26 22:47 | カテゴリ:組立ラジコン(バギー)
どうもUSAKUMAです。
ルアーをはじめて約半年。

ストレス発散もかねてのルアーフィッシングが楽しすぎてしょうがありません。
しかし、寒い…。

今年最後の釣りは、12月25日のクリスマス。
朝の奥多摩の気温はマイナス1℃。
かなり防寒には気を使っていったのですが、
やっぱり寒すぎます。

7時30分から初めて、
何投かしていると、へんな違和感がリールに伝わってきました。
「何だ…この重み…」
リールのトラブル?いや、ちがう…、ライン?
さお先のガイドを見てみると
「え、あ? 凍っている…」

そうなんです、あまりの寒さにガイドが凍っていました。

村田基さんのエリアトラベラーズを毎回、見ていたので、凍ったガイドの処理にもあわてず対応できましたが、冬の釣りって大変… しみじみ思いました。


釣果のほうはっていうと、
ん~渋かったです。

大きいもので30cmをちょっと超える程度で、あとは塩焼きサイズがちらほら。
1回大物がかかったのですが、大岩の向こう側に走り、ラインが切れて逃がしてしまいました。
くそ~ルアー返せ!

途中、クリスマス寒波なのか、
大風が吹き、日が陰ってからは、
寒さと戦うことに…。

いつもは終了の16時までやるのですが、
耐えの時間帯にはいったため、早々に撤退。

最後は10尾で終わりました…。


だいたい、13時~終了までは耐えの時間帯と呼んでいて、
僕の場合、魚がほとんど釣れなくなります。

集中力の切れ?も関係あると思いますが、
釣れる人は結構、いるため、
午後のつり方っていうのが、あるのかも知れないと考えております。

まだまだ初心者。
放流直後だけ、元気なアングラーではイカンイカン。

1月~3月、暖冬になれば、また奥多摩フィッシングセンターに
行きたいと思います。




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/637-5be3cab2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。