-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-05 11:13 | カテゴリ:旅先の風景&グルメ
どうもUSAKUMAです。

かねてより、会社の連中と「行こう行こう」と
言っていた富士急ハイランドに行ってまいりました。

朝、7時ぐらいに東京を出発したはずだったんですが、
事故渋滞で、到着したのが昼の12時、
まぁ~、途中でいろいろそのほかの
アクシデントはあったのですが、
おそい、遅すぎる…

ついたとたん、真っ先にいったのが、
富士急ハイランドでも、もっとも恐ろしいと
言われている「ええじゃないか」

滑走しているところを見ているだけで、
恐ろしい。

ジェットコースターって、
座席とか回らないじゃないですか、

こいつは滑走しながらも、
座席がぐるぐる回りやがる。

ジェットコースターは
そんなに不得意とは思っていなかったので、
大丈夫だろうと、
たかをくくっていましたが、

これはもう、別次元。

1時間40分待って搭乗。
体を固めるベルト類が半端じゃない。

え、大丈夫なのか?

一気に不安がよぎる。

体が太っているせいで、
腹の部分はガチガチに決まっているのだが、
肩やケツの部分まやや隙間があり、
それが、それが、とっても不安。

おい、体がずれるぞ、これ、
大丈夫なのか?

いよいよ出発
スタッフの「ええじゃないか、ええじゃないか」の掛け声に
思わず、「いいわけあるか!」と
かるく突っ込みをいれておいた。

と、ここでびっくり。

進行方向は自分の真後ろ。
え、前から行くんじゃないの?

そして座席が倒れ、
ちょうど、バックドロップを
されているような危険な姿勢になる。

マサ斉藤ばりの
垂直落下バックドロップだ。

怖い、怖すぎる。

そのほかにも座席がぐるぐる
まわっているため、
次の行動が予想できず、

また、鉄柱が目の前に飛び込んでくるため、
ぶるかる!
という危険性に
目をなんども閉じて、
その場をしのぐしかできなかった…

ってか、目、開けられない。
気を失います。


その後、フジヤマにも乗りましたが、
たしかにこちらもすごいジェットコースターですが、
「ええじゃないか」の比ではございません。


次回は平日に行って2回は乗ろうと
仲間たちと約束。


そだね~

なんていいながら、

冗談ではない!
と、シャアばりのセリフを心の中で叫び、
富士急ハイランドに別れを告げた…


富士急ハイランドHP






管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/622-f52cbd91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。