-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-09 17:00 | カテゴリ:スポーツ
ロナウジーニョ

欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦、
バルサのロナウジーニョ(ブラジル代表)が
クレスポやマケレレを有するチェルシー相手に
3人抜きのスーパーゴールを決め、バルサは準々決勝へとコマを進めた。

デイリースポーツではこの様子を

“魔術師”とは別の顔だった。ドリブルで一気にDF2人をかわしたロナウジーニョは、チェルシーの堅守の象徴・イングランド代表DFテリーの激しいチェックも逆にはじき返した。力強く抜き去ると、そのまま右足でネットを揺らす。『柔』に加えて『剛』も。バルサを8強に導く後半33分の先制ゴールに、その凄さが凝縮されていた。

と記述し、柔+剛+凄さ=ロナウジーニョと絶賛している。
日本でもバルサファンならば、彼の天才的なプレイに拍手を送ったと思うが、
もうじき開催されるワールドカップで、彼はブラジル代表としてピッチに立つ。

うへ~!!!!!勘弁してくれよ~
ってのが本音。

日本代表の誰が彼を止められるだろうか?

周知の通り、日本と同じグループにはブラジルのほか、クロアチアとオーストラリアが対戦国として入っている。
専門家の話では、クロアチアとオーストラリアに勝って、ブラジル戦は引き分けで2位通過~なんて言っている方もいるが、ブラジルに引き分けるってのも難しいと思う。

頼みは中村俊輔選手のフリーキック。
日本代表のセットプレーに期待している。

しっかしロナウジーニョは本当にすごい。
誰かワッキーがやっているロナウジーにゃと取り替えて来て欲しいよ。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/57-7d8fc164
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。