-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-14 20:55 | カテゴリ:旅先の風景&グルメ
どうもUSAKUMAです。

ちょっと前の情報ですが、
伊豆稲取に行った時に観光案内所の方から情報を聞き出し、
ご当地でしか味わえない料理を食ってきました!

これはすごいっす。

「金目鯛の寿司」
伊豆稲取の金目鯛の寿司
写真はすみません。サイトから失敬しました。
http://inatorionsen.com/gourmets/01.php?id=3

金目鯛っていうと、伊豆では下田っていうイメージが強かったんですが、実は食通の間では稲取金目のほうが最高とのこと。理由は漁場にあり、下田で捕れる金目は漁場が遠いため冷凍で港に着くが、稲取の金目は漁場が近いため、生のまま水揚げされるとのこと。
築地でも稲取の金目は高値で取引される高級魚で、煮付けやみそ漬けなんかが一般的なんだけど、ここ伊豆稲取ではとびっきりの鮮度の良さを活かして「寿司」で味わえるのだ!

う~ん、この説明を聞いただけでよだれもの。

食べてきましたよ、食べてきましたよ!
捕れたての金目鯛の寿司!

何をやってもうまい魚は、生でくったら、それはもうとびっきり!
やや弾力のある身は噛むほどに味が増し、特有の旨みが口いっぱいに広がる。

さすが、ご当地グルメ。

マイラインキングとしては鳥取は境港で食べた「松葉ガニの刺身」、茨城は水戸で食べた「アンキモの寿司」、静岡は清水の「うな重」などに加えてもいい味でした。

伊豆稲取温泉は、熱海や伊東、修善寺などメジャーな温泉地から遅れて開湯したため、後発でのスタートだったとのこと。そのため、観光客に喜んでもらうため料理には力を入れ、お宿さんなどでは原価割れしてでもいい料理、うまい料理を出し、ここまで成長したとのこと。

港をもつ温泉地は伊豆稲取しかないということで、魚介料理はお墨付き!

賑やかな温泉地もいいが、ゆったりのんびりして、いい湯、いい飯を食べるなら伊豆稲取はお勧めです。

そういえば1月20日ころから伝統の「雛のつるし飾り」のお祭りがあり、2月に入ると隣町の河津で日本一の早咲き桜「河津桜」が見ごろを迎えるので、旅好き、グルメ、花好き、温泉好きなら、稲取へGOです。

■伊豆稲取の観光情報はココ
http://inatorionsen.com/


■雛のつるし飾りのイベント情報はココ
http://inatorionsen.com/showplace/01.php?id=3


【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ご当地グルメ
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/566-3e77efdc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。