-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-14 02:07 | カテゴリ:映画&DVD
タイトル/デトロイドメタルシティ
デトロイドメタルシティ
監督: 李闘士男
若杉公徳の同名人気コミックを映画化。オシャレな渋谷系ポップミュージシャンを夢見て上京してきた根岸崇一だったが、ふとしたことから奇抜なメイクと演奏で人気を博す悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」として活躍する羽目に……。崇一からクラウザーII世に豹変する松山ケンイチのなりきりぶりが話題に。クラウザーのライバル役でKISSのジーン・シモンズも出演。

映画の感想
ちょっとカマっぽいひ弱な青年とメタルバンドの暴力的ボーカル…正反対のキャラを見事演じ分けた松山ケンイチにまずは拍手。ステージで栄える衣装も、一歩外にでると妙に笑えるところに笑いの要素をぶつけているところもGOODでした。
この映画の中でのテーマとして「夢」というのがありました。
思い描いた夢と現実の違いに悩み「夢はなんにもならんもの」とぼやく主人公(松山ケンイチ)に母(宮崎美子)が言ったひとこと「夢はタダでしょ」。なんだかジ~ンときました。夢を見るのはその人の自由。叶わないことも多いけど、わずかでも明るい光を照らしてくれるもの。30歳半ばで「夢」の存在意義を考えていた私にとってこの「夢はタダ」って答えはなんとも心地よかった。
ストーリー自体も面白く、最初から最後まで飽きずに見ることができました。

おすすめ度:
★★★★★(満点)

オフィシャルサイト
http://www.go-to-dmc.jp/index.html

【ジャンル】:映画 【テーマ】:映画感想
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/449-1bde2ae1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。