-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-14 17:25 | カテゴリ:旅先の風景&グルメ
千波湖

これから水戸は一番の観光シーズンに入ります。
有名なのは2月中旬~3月上旬まで咲く偕楽園の梅ですが、
水戸駅南にある千波湖公園にも約1000本の梅が咲き、観光客を楽しませてくれます。


この千波湖公園、清き水を満たす千波湖を中心に整備された約300ヘクタールの公園で、
都市部にこれほどの規模の公園を抱えているのは、
水戸市とセントラルパークを有するニューヨークだけともっぱらの噂です。

(県庁所在地で、一番人口の少ないのも水戸って話を聞きましたが、公園や水辺が市内の大部分を占めては、当たり前か~と感じました)

位置的には市民の憩いの場ですが、春には桜、秋には紅葉とその表情を変え、
水戸藩主斉昭も愛した千波湖の美しさを堪能できるはずです。

湖の売店で水鳥用のエサが売っていますが、ウカツにエサをやりすぎると、鳥に襲われるので、特に小さなお子さまは注意が必要です。
あと、おきまりですがスワンボートもあります。

水戸黄門

これもおきまりですが、水戸黄門一行の顔出しパネルもありました。
しかし、私は孤独なひとり旅(仕事)、誰も顔を出していないパネルを記念用のパチリ!
う~ん空しい。

千波湖から離れた場所に、広い芝生?の広場があったのですが、
ここでラジるのはちょっと難しいと感じつつ、この場を後にしました。

【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅先での風景
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/35-62497fe7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。