-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-05-31 11:59 | カテゴリ:○○に一言もの申す
いま、国会で年金記録漏れにより、本来、年金がもらえる人がもらえいななどの事件が問題になっています。

僕らの世代はただでさえ、年金がもらえるかどうか不安なのに、記録のミスで「支払えません」と言われたら、若い人が年金を払おうなんて思わないよね。しかも、時効(年金を積み立てたが、なんらかの事情で25年間に満たなかった)の人の年金積立金は約950億円にもなるそうで、これってまたいいように使われるのでしょうか?

それと、今朝のTV番組の中で、北野誠さんが言っていました、
国民のせいではないのに「救済」という言葉を使うのはおかしい。
また、「消えた年金」ではなく、「消した年金」が正しいのでは?
とおっしゃっていましたが、まったくそのとおりです。

いつも思うのですが、こういった事態になったとき、誰がどう責任をとっているのでしょうか?高い金もらっているわりに、責任をとる方って少ないですよね。ちなみに自殺は責任をとるという行動ではありません。

あ~いやだいやだ。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/345-7fb3b158
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。