-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-05-24 22:06 | カテゴリ:組立ラジコン(バギー)
ホットショット2007

静岡のホビーショーの興奮が冷めやらぬUSAKUMAです。
会場は無料ということもあり、混み合って人に酔いそうでしたが、
また、こういった機会があれば行きたいと思っております。

さてさて、ホットショット2007。
値段はちょっぴり上がりましたが、10万台は売れるだろうと推定されての再販となったようです。←え~本当!!!

変更点は、タミヤホームページでもアナウンスされているとおり、プロペラシャフトはドッグボーンタイプ、オイルダンパーはダイヤフラムタイプに変更などなどありますが、そのほかにもホットショットⅡで好評だったメンテナンスハッチが付き、これでクリスタルの変更も楽々に。

そのほか、走行中によく取れていたフロントのドライブシャフトを68mmから71mmに変更(ちなみにホットショットⅡは72mmだそうです)。現行のDF-03のオプションにあるユニバもつけることができるので、このあたりは改造の定番となりそうです。

足回りでいえば、これまたオプションで六角ハブを追加することで、現行のタイヤに履き替えることも可能。

周りがうるさく、細かい数値はよく聞き取れなかったのですが、
ギヤ比も若干いじっている感じです。

「ちょこちょこパーツは変えてあります。作りながら、あ、ここが違うと探してみることもホットショット造りの楽しみとなっています」
とは、会場で説明をしてくれたタミヤの加藤さん。

私も前のホットショットの組み立て説明書を持っているので、2007モデルを買ったらさっそく見比べてみたいと思います。

気になる金メッキホイールの復活ですが…
金メッキがボロボロ剥がれるので、商品化はないそうです。
たよりはヤフオクか~


hs_kato.jpg

加藤さんの話の中で、
「ホットショットの基本設計はすべてのRCに通じるものがあり、今のDF-03にもみゃくみゃくと受け継がれています。そういう意味でも素晴らしいマシンですね。」

ホットショットは懐かしさだけのお飾りマシンではなく、走って楽しいマシン。せっかく復刻したのだからガンガン走らせたいっすよね。



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/338-4dfced61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。