-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-18 00:50 | カテゴリ:映画&DVD
デジャブ

レイトショーにて早速見てきました。
前知識をあまり入れていかなかったのが良かったみたいで、
最初から最後までハラハラしながら楽しめた映画でした。

この映画は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジェリー・ブラッカイマー製作。「マイ・ボディガード」の監督トニー・スコット&主演デンゼル・ワシントンが贈るSFサスペンスです。

物語は海軍兵士とその家族を含む500名超のフェリーが何者かによって爆破されるシーンから始まる。

事件現場に到着したATF(アルコール・タバコ・火器局)の捜査官ダグ・カーリンは、数ある証拠物件の中から事故による爆破ではなく、時限爆弾によるものだと確信。

捜査を続けるなかで、ダグは奇妙な女性死体の検死に立ち会い、死体の状況からみてフェリーの爆破によるものではなく、その前に殺されていたことを突き止める。

この女性死体とフェリー爆破を結ぶ線… ダグはこの女性を調べることが犯人追跡の近道と考えFBIと共に捜査を始める。犯人探しのための手段は、なんと4日と6時間前を見ることができる謎の装置。衛星画像の蓄積で過去の映像を映しだしているのかと思いきや、実は4日と6時間前のリアルな時間の流れがモニタリングされていた…。
デジャブ

過去を変えられる?ダグは彼女とフェリーの乗客を救えるか?


今までのタイムトラベラーものは、過去と現在、未来の流れは一本の線で、
過去を変えても未来は変わらないっていうのが説でしたが、
この映画はちょっと違う。

過去を変えることにより、本線から支線が現れ、その支線がその人にとっての本線になるというもの。パラレルワールドというべきか、なんというか。

最後はどうなるか?と結構ハラハラしましたが、
なんとなく無難にまとめていて、映画を見た後にムラムラとわき出る謎、謎、
謎もそれほどしつこくありませんでした。(私の場合はね)

この映画をDVDで見ると、タイムトラベルを可能とした装置がちゃっちく見えるかも知れません。やっぱり映画館で見た方が…この映画はいいと思います。

★を付けるとしたら★4つ(5つ満点で)
結構、好きな映画かも

公式ホームページ
http://www.movies.co.jp/dejavu/

【ジャンル】:映画 【テーマ】:今日観た映画
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/316-1854d274
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。