-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-06 22:19 | カテゴリ:○○に一言もの申す
埼玉・熊谷市で、集団登校の列の中に車が突っ込む事件がありました。
車はそのまま止まらずに逃走。小4の女児と小3の男児が全治1週間の怪我を負った。

前にもブログで書きましたが、埼玉県は全国で2番目に事故の多い県。ちなみに1位は愛知県だそうです。細い道でも抜け道に使われるため、交通量が多いうえ、スピードを出す車も多いです。

ひき逃げをした犯人、当然、許すことはできませんが、
私も埼玉県に引っ越してきて思うのですが、子供達の危険回避能力のなさにも問題があるのではないでしょうか?

ひけるもんならひいてもろって感じで歩く子供達が多いように思えます。
マンガを読んで歩くな、携帯メールしながら歩くな、細い道で横に広がって集団で歩かないで…など、言いたいことがいっぱいあります。

誤解のないようにしますが、ひき逃げ犯人を擁護しているわけではありません。ですが、今回のケースのように出っ張っていた電柱をよけて通るために車道へ膨らんで歩いていたところに車が突っ込んだ…とのことですが、以前から危険と周りの大人が知っていたのならば、違う道を指定するとか、注意を促すとか、怪我をする前に何かしら手があったはず。

車が止まってくれるだろう…。たしかに運転手は注意しなければなりません。
しかし、危険回避の意識をもっと子供達にも持ってもらいたい。

ちょっと固い話でごめんね。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/252-9595a083
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。