-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-27 11:59 | カテゴリ:旅先の風景&グルメ
露天風呂付き客室

今回は温泉宿を紹介する関連の仕事をしておりまして、
そこで感じた事なのですが、温泉宿って進化しているんですね~

10年ぐらい前までは露天風呂、
5年ぐらい前から貸切風呂、
そして現在は客室に専用の露天風呂を付ける宿が増えているなど、
プライベートな旅が重視されてきています。

居酒屋なんかも隠れ家風、個室化が進むなど、
他者の介入をゆるさない仕様がうけているようです。

しかしながら、貸切風呂も客室露天風呂もはじめは介護が必要な人の
ために作ったのが始まりだったはず。
バリアフリーの部屋が結局は健常者にとってもメリットの高い部屋であるように、客室露天風呂も贅沢ながら一般化しつつあるようだ。

個人的には大きな大浴場に入った方が気持ちがいいと思うのだが…。

露天風呂付き客室は一般の部屋に比べて1万円前後高く、
2人利用で5万~7万円は当たり前。
ちなみにうちの奥さんに露天風呂付きの客室に泊まるのとハワイ行くのとどっちがいい?って聞いたらハワイがいいと言っておりました。

もしこれほど贅沢な宿に泊まるのであれば、
他の観光地など行かずに直接宿に入り、客室の露天風呂に入りまくると思います。ふやけるほどね。

年配の方から、観光地周りで疲れるより、宿に早く入って
ゆっくり休日を過ごしたいとの話を聞いたことがあるが、
宿が目的地になる旅があってもいいと思うし、
それこそ露天風呂付きの客室で贅沢なくつろぐ休日があってもいい。
宿にはエステとかマッサージプランが充実しているところもあるので、
心と体のリフレッシュさせ、次の仕事にむけて充電するのもいいかも。

おすすめはやはり伊豆方面ですかね。
伊豆高原のあたりには予約がなかなかとれない「月のうさぎ」をはじめ、
少数組限定の隠れ家風宿が多く、相模湾を望む絶景、海の幸をふんだんに使った料理にも期待がもてます。

両親へのプレゼントとかにも喜ばれるかもしれませんが、
うちの親はどっちかって~と大浴場の方がいいというタイプなのでダメかな。

【ジャンル】:旅行 【テーマ】:旅行
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/203-f0f051b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。