-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-02 23:01 | カテゴリ:映画&DVD
デスノート

週間少年ジャンプ連載、大場つぐみ/小畑 健原作の人気漫画『DEATH NOTE/デスノート(前編)』を見てきました。公開前に子供にふさわしい映画ではないと騒いだ方もいたとの話ですが、確かに今までのジャンプ作品とは違うダークな作品であると思います。

相手の顔を覚え、名前を書けば人を殺せる「デスノート」を手にした天才・夜神 月(藤原竜也)は犯罪者が刑を受けずにのうのうと暮らせる世の中を恨み、正義の名のもとデスノートを使って次々に犯罪者を殺して行く。犯罪者達は頻繁に起こる突然死を恐れ日常に犯罪は減ったが、警察はこの大量殺人を良しとせず、巷でキラと呼ばれる謎の殺人鬼を追う。しかし、犯人を特定できる証拠がなく捜査は難航。そこへ難解な事件を解決する敏腕探偵L(松山ケンイチ)が現れ、デスノートでの殺人手法を次々と暴き、殺人鬼キラは大学生、しかも警察関係者、そしてFBIがマークしていたとうことから、夜神月へとたどり着く。

映画版ならではのオリジナルな部分もあり、原作に強い思い入れのある方で「原作を汚されたくない」なんていう人もいるかとは思いますが、私は結構この映画版が気に入りました。瀬戸朝香演じるナオミがいい具合に物語りを盛り上げます。

死神リュークはCGで登場。声は中村獅童さんが担当。すごみのある声が死神っぽくて良かったのですが、実写とCGを掛け合わす部分の処理がいまひとつで、どうせなら全編通してフィルターをかけてCG合成との違和感をなくして欲しかった…と思いました。あとデスノートが普通すぎて笑っちゃいます。死神のノートにしてはあまりにも普通すぎる。

タイトルにも書きましたが、映画を見ていると無償に甘いものが欲しくなります。それはLのシーンでよくケーキとかパフェとかを食べているからです。串にシュークリームやバームクーヘンを刺して食べるのが好きらしく、私もこんな食べ方を一度はしてみたいなぁと思いました。

後編、夜神 月はいよいよ捜査本部へ入り、仲間になったと見せかけてLを狙う。二人の天才の攻防がどう映画版で表現されるのか楽しみです。
後編の公開は今年の11月。
【ジャンル】:映画 【テーマ】:DEATH NOTE
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/200-48b4be52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。