-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-20 21:08 | カテゴリ:スポーツ
柳沢

決死の思いでのぞんだクロアチア戦は痛いドロー。
決勝リーグに進むには王者ブラジルに2点差以上で倒すことが
最低条件となった。

ジーコジャパンのアキレス腱は「FW陣の決定力」
クロアチア戦での柳沢のシュートは各国メディアもあきれ顔。日本が弱いのはジーコのせいではないと擁護の声も上がる。

高原、柳沢の2トップに不安を抱いたのだろう。
ブラジル戦には高原、玉田の2トップが19日現在で有力となってきた。
玉田のスピードと突破力は相手のファールを生み、
俊輔の左へとつないでくれるはず…でも俊輔がなぁ~

また、クロアチア戦で2枚目のイエローカードを受け、ブラジル戦へ出場できないキャプテン宮本にもやはり各国メディアは厳しい声を向ける。
「ファールでなければ相手を止められない…」
確かに、ここから日本が危機的な状況に陥ったことは事実であろう。

いかせん結果論でしか言えないのが悲しいが、
これが日本のサッカー!というのをまだ見せてもらっていないのも確か。
ブラジル戦ではやってくれるだろうと信じている。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/189-1aed7db5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。