-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-06 10:07 | カテゴリ:スポーツ
オーストラリア

夜中にオランダ対オーストラリアの親善試合をテレビで見た。

オーストラリアはW杯で日本と開幕にあたる注目の国。監督は前回大会で韓国をベスト4まで押し上げた名将で、FWのビドゥカ、MFのキューウェルを中心に突破力のある攻撃を見せる。

一方オランダはFIFAランク3位の強豪。FWのファンニステルローイ、鉄壁のGKファンデルサールなど攻守のバランスがいい。

このオランダに対し、オーストラリアがどのように攻めるのか注目したが、試合はW杯のテストマッチとは思えないほど大荒れに…。オランダのコクーとスネイデルは怪我により交代となり、オーストラリアの強烈なタックルはファールも多く、会場はブーイングの嵐。途中、2枚のイエローカードを受け1人退場したオーストラリアは4-4-1のシステムでしっかりとオランダの攻撃の目を積み、結果は1対1のドロー。そのディフェンス力の強さを印象付けた。

【日本対オーストラリアはどうなる…?】
雪崩のようなオランダの攻撃を防いだディフェンス力は確か。GKの反応もいい。また、90分間続く集中力と体力は驚異だ。攻撃は引きずられてもシュートに持ち込むヒドゥカをファールなしでどう抑えるかがポイントとなる。

日本はどうしても先取点が必要になるだろう。オーストラリアにきっちり守られたら点を取り返すのは至難である。いいディフェンスはファールとの紙一重というとおりファールも多いチームなので、ゴール前でファールをもらえれば、中村選手のFKで得点を狙える機会も増えるだろう。

もうすぐ開幕。がんばれジーコジャパン!!!!!


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/170-6d9d1db6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。