-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-12 09:34 | カテゴリ:○○に一言もの申す
先日、NHKが受信料不払者への法的措置を準備する
「受信料特別対策センター」を設置したというニュースが流れた。

不祥事続きに受信料を支払わない人が増え、
昨年11月までに約128万件となっており、
この状況に対し同対策センターでは、
再三の支払い要請にも応じない不払い者をリストアップ。
文書で「最後通告」を行い、それでもなお未払いの場合は、
簡裁を通して督促状を送るなど、
民事手続きの開始に向け準備に入ることになる。そうだ…。

さらに

督促状が視聴者に送付された場合、
視聴者が異議申し立てをしなければNHKが簡裁に仮執行を申し立て、
簡裁が銀行口座差し押さえなどの強制執行を行う恐れがある。

国民の受信料だけで運営するという国営放送であるが、
取れるところから取れなくなったら督促状を送ってオイ!
その前に自分たちが受信料を私的に横領していることの方をなんとかする
ほうが先だろう。国民から取るものとって、詐欺じゃないか!
って声も多い。

加えて、今日聞いたニュースに43歳のチーフプロデューサーが
カラ出張を240回繰り返し、約1700万円の受信料を無駄遣い。


橋本元一会長は「視聴者の信頼を再び損なう行為が明らかになったことは痛恨の極み。外部の専門家らによる緊急業務調査など、不正の根絶に向けた対策をとり、信頼回復に取り組みたい」とのコメント。

前の不祥事の後でも懲りずに無駄遣いを続けておいて、
何を信じろと言うのか。

関連記事
NHK「取り立て隊」結成…受信料不払い者へ
NHKまた不祥事 43歳のチーフプロデューサー カラ出張1762万円受領


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fukanzen.blog31.fc2.com/tb.php/115-81d71a9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。