-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-03 14:21 | カテゴリ:懐古ネタ
どうもUSAKUMAです。
ブーメラン復刻版の発売、楽しみですね~。
前にもこのブログで書かせてもらいましたが、このブーメランは私にとって思い出の深いマシンの一つで、最終的にクラッシュ!! げ~、フロント大破!になるまで長い時間楽しめました。

ブーメランはホットショットと比べ安価なマシンで性能も劣ると見られがちでしたが、とんでもございません!ホットショットの「まず~い」部分を改良した進化系マシンであります。
当時、サードパーティーからいろいろなオプションパーツが発売され、雑誌の通販コーナーを賑わせていましたが、当時、中学生だった私は本体を買うのが精いっぱい。メカも前のグラスホッパーから移植手術を行ったおさがりを使っていました。

当時、オプティマが「最強」と幅を利かせていた時代、メンテナンス性の優位はさておき、直進でもコーナーでもおいていかれる我がブーメランをなんとか早くしようと考えた結果が「計量化」。
これが愚かな始まり。ってかかなり馬鹿でした。

まず、フロントバンパーを取り、CVAダンパーが重かったのでむりくりグラスホッパーのダンパーを流用。バッテリーをベルトで固定し、カバーを外す。ナット系をアタックバギーについていた強化プラスチックのもにに変更するなど、前のラジの部品で、これ使えるんじゃねってやつを流用して使った。

結果、軽くなりました。確かにね。
でも、まだオプティマに追いつかない。同じモーターなのに。なんて奴だ!

結局、ブーメラン軽はオプティマを越えることがなく、家の前の舗装された道の縁石に激突し、フロント部分が大破。そりゃそうだよね。バンパーとっぱらちゃったからね。

実は今でもその初代ブーメランは手元にあり、その傷も痛々しく残っています。

復刻ブーメランを手にしたら、もうそんな愚かなことはしないけど、
お金がないなりに、考えて楽しめた時代がなんだかとっても懐かしい。
スポンサーサイト
2006-11-22 22:58 | カテゴリ:懐古ネタ
遠い昔の話です。

私、USAKUMAは中、高校とも吹奏楽をやっておりまして、
中学のメンバーは練習熱心で、大会などにも出ておりました。

高校では中学から吹奏楽をやっていたという人がほとんどでしたが、
やる気のない人がほとんどで、おっこの人うまいな!って思わせる人がいませんでした。中学の時の演奏こそが、私にとっては最高で、そして最後のアンサンブルだったのかもしれません。

吹奏楽の大会曲の定番はJ・スウェアリンジェン(←だったと思うが)作曲のインヴィクターやマジェスティアなんかで、今、聞いてもイイ曲がそろっていたように思えます。ブラスオリジナルっていうジャンルなのかわかりませんが、あまり日常では聞くことのできない名曲ばかりです。

その中で、難曲中の難曲といわれ、ブラスメンバー垂涎の曲としてあったのが、アルヴァマー序曲です。テンポが速く、木管楽器(フルートとかクラリネット)の人は特に地獄を見るといわれていますが、そのメロディーはなんとも涙がでるほど感動します。

なぜ、今になって私がアルヴァマー序曲を思い出したかというと…。
フジTVのドラマ「のだめカンタービレ」を見て、演奏にかける情熱や
難曲に立ち向かう姿勢を思い出したからです。

中学の時は、結局、アルヴァマー序曲を演奏することはありませんでしたが、
音楽室に眠っていた楽譜を盗み、みんなで隠れて練習したものです。
フルート、サックス、トランペット、クラリネット、バス、スネアドラム、小さなグループでしたが、大会にでるわけでもないのに必死でした。
そんな思いでのある曲です。

仕事に疲れている時、
気持ちがめいっている時に
聞いてみてください。
きっと元気がでるはずです。

試聴と検索して探してみました。
アルヴァマー序曲をどうぞ
http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=77608

2006-05-13 00:40 | カテゴリ:懐古ネタ
なんとかって番組で劇団ひとりさんが
「ルービックキューブ6面を40秒台でできます」
と話し、番組内で1分弱で完成させる早業を披露してくれました。

ルービックキューブ、懐かしいなぁ~
私の記憶では発売年と同じ1980円で売られていたと思います。
1面までは誰でもできるのですが、よくて2面、
周りでも6面ができる人って少なかったように思えます。
やはり全体を見ながら作れる人じゃないとやっぱり無理ですね~

劇団ひとりさんも以前は「ツクダ式」でやっていたのですが、3分の壁を
超えることができず、「LBL方式」に変更。
なんだかよくわからない話ですが、LBLとは、「スピードキュービングにおいて現在主流となっている解法です。キューブ全体を層に分けてとらえ、1層目から3層目まで順に揃えていきます。(正確には1層目と2層目は同時に揃えます)LBL方式の考案者はJessica Fridrichさんという女性の方です。」とのこと。

世界大会なるものもあり、劇団ひとりさんもあと10秒早ければ世界で100位内に入れるとのこと。その10秒が大変なんですよね~。

今、任天堂DSで脳を鍛えるゲームをやっていますが、
ルービックキューブも相当頭使いますよね。なんかやりたくなってきました。

ルービックキューブ (6面完成攻略書付)【新品未開封】

頭を鍛えるルービックキューブ完全解析!
【ジャンル】:日記 【テーマ】:ひとりごと
コメント(0) | トラックバック(0)
2006-04-08 22:58 | カテゴリ:懐古ネタ
ビュビューン

子供の頃のヒーローって何だったって聞かれて、
その答えでだいたいその人の年って分かっちゃいますが、
私はゴレンジャーよりも「超人ビュビューン」が好きでした。

うっすらとした記憶しかないのですが、その前作である
「アクマイザー3」からの続編にあたるらしく、
イビル、ザビタン、ガブチョ(←で良かったっけ?)の魂を受け継ぎ、
正義の戦士となって蘇ったのがビュビューン、バシャーン、ズシーンの3人。
あ~佐々木さんの歌声が頭の中で響いてる~
やばいやばい。

特にバシャーン(写真右)っていう泳ぎがすげー超人がいて、こいつがいつも
水の中から飛び出てくるのですが、これを銭湯でまねをしていて
よく親に怒られた記憶があります。

土の戦士ズシーン(写真左)は格好悪いイメージがあり、人形もコイツだけは
買ってもらったことがなかったように思います。
あ、そういえばザビタンとイビルの人形もあったなぁ~
今あればプレミアものなのだが、ウチの母親が近所の子供たちに配ったそうだです。

私の家は3人兄弟で、兄達の玩具をそのまま私が使っていたのですが、
今思うと大事にとっておけばなぁ~って本当に思います。
また、姪が2人おりまして、この子たちが奪い合って買っていた
ポケモンカードやガチャガチャも今は飽きて、捨てたそうです。
本当にもったいないですよねワンガリ・マータイさん。

今の子供たちのヒーローは何だろうなぁ~。
やっぱ新しいウルトラマンとか仮面ライダーとか、それとも野球やサッカー選手なのかもね~。なかには「お父さん」って答えてくれる子供もいてくれるといいですね~。

【ジャンル】:日記 【テーマ】:日記
コメント(2) | トラックバック(0)
2006-04-02 09:40 | カテゴリ:懐古ネタ
久しぶりに懐古ネタ。
私が小学校3年か4年生の頃に、
スポーツブランドメーカーの服や靴が流行した時がありまして、
とにかく学校内ではアディダスが一番人気でした。

スポーツブランドの服を身につけることはステータスの一つだったので、
どの子もその子も同じような格好をしておりましたが、
そんな中、アディダスのそれとはあきらかに違うマークで、
ロゴに「adodas」の文字がはいったウィンドブレイカーを来た友人がいて、当然、「これアディダスのニセモノだ~」とヤンヤされていました。

驚くべき事にこの友人、
これ、アディダスの子会社が作った最新モデルなんよ」と豪語。
一瞬、アドダスのロゴが光って見えました。バカだな~小学生の俺。

そのほかにもプーマのニセモノ、ピューマとかもありましたが、
次第にスポーツブランドブームもなくなり、アドダス着ようが、ピューマ履いてこようがお構いなしになりました。

あ、そうそう、この時代のニセモノの代表っていえば、
ガンプラのパクリで「ガンガル」なんてものもありました。
模型屋の親父も、棚に積み上げられたガンプラの間にこのガンガルを紛れ込ませ、子供の頼みでガンプラを買いにきた親を巧みにだまして買わしていました。その時は「ひで~な~」とか思いましたが、模型屋の立場を考えると、ま、ありなのだろう。
ガンガル

私はガンガル以外は知らなかったが、検索するとそのほかにも
量産型ズグ、旧型ゲルグ、ジドム、アッカム、ザイックなどもあり、
本家に迫るラインナップがあることが解りました。
すげ~ネーミングやばいっすよ。

この便乗商法でいくらもうけたんだろ~な~


【ジャンル】:日記 【テーマ】:つぶやき
コメント(0) | トラックバック(0)
2006-03-07 18:54 | カテゴリ:懐古ネタ
ゴレンジャー

日曜日の朝、早く起きると、
テレビでヒーローものをやっている。
なにげに見ていたら、格好いいお兄さんがでてきて、
「今年はゴレンジャーから始まり、30周年を迎えた年」と説明?
え、え~!!!!!!
ゴレンジャーといえば、私が幼稚園の時に最も好きだった特撮ヒーローもの。
目の形に合わせてそれぞれ武器が出て、最後はラグビーボールみたいなもので
敵をやっつけるのだ。

それから数えて30年!そりゃ年とるわな~。
ゴレンジャーといえばプラっぽい人形がなぜか八百屋にまで売っていて、
よく母親と買い物に行ってはダダをこねて買ってもらった思い出がある。
たしか、武器付きで、ずんぐりむっくりな人形だったなぁ。笑

あと、玩具ではゴレンジャーのオートバイもあったよね。
確か赤レンジャーのバイクを中心に2つのサイドカーが両脇にくっつくように
なっていたと思う。懐かしい~。

スーパー戦隊?ってゴレンジャーは秘密戦隊だろう?
なんて考えて、検索したらこのサイトを見つけた。
http://www.super-sentai.net/sentai/index.html
うわ~、サンバルカンまでは覚えているが、
まぁ~これだけよく続いたなぁ~
なんだ「マスクマン」、「ファイブマン」って、まんまじゃんか!
途中で3人のところもあるのね~

ところで、バトルフィーバーJって
メンバーが日本、フランス、アメリカまで分かるが、
残り2人がケニヤとコサックなのはなぜなのだろう。

いや百歩譲ってケニアまではいいとして、なぜコサックなのだ?
別にイタリアでもドイツでもよかったのでは?
と不思議な疑問に取り憑かれつつ、仕事に戻るのであった。

おお、ちなみにこんなサイトも見つけた。
今までのヒーローの主題歌をCDにしてそれぞれ5000枚の
限定発売をしているようだ。

http://www.neowing.co.jp/anime/essentials/sentai/

【ジャンル】:テレビ・ラジオ 【テーマ】:特撮
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。